スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEEP PURPLE“The Book of Taliesyn”

詩人タリエシンの世界詩人タリエシンの世界
(1998/06/24)
ディープ・パープル

商品詳細を見る


DEEP PURPLEの二作目“The Book of Taliesyn”(1968年)です。
DEEP PURPLEといえば、黄金の第二期の作品を挙げるのが当然でしょうが、それではおもしろくありませんし、個人的にもこの第一期のアルバムが気に入っているので紹介します。

イアン・ギランのボーカルによる‘Smoke on the water’や‘Highway star’などに代表されるハードロックな曲は少ないのですが、60年代末の「なにかが生まれる」躍動感と期待感を十分に内包するアルバムです。
クラシック調のサイケな雰囲気で安定感のある構成は、他の名作にひけを取らず、ライバルといわれたLED ZEPPELINとの違いを感じることができるのではないでしょうか。

さぁ、詩人タリエシンの世界へ!

SEARCHING FOR THE YOUNG SOUL REBELS/DEXY'S MIDNIGHT RUNNERS

若き魂の反逆児を求めて若き魂の反逆児を求めて
(2004/02/25)
デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ

商品詳細を見る


DEXY'S MIDNIGHT RUNNERSの“Searching for The Young Soul Rebels”(1980年)です。
日本ではほとんど知る人のいないバンドで、私が購入した十数年前には輸入盤しかありませんでした(数年前に国内版が出ましたが、なぜか直訳の邦題で^^;)。
1980年は、前年に就任したサッチャーの政策が推し進められた直後で、消費税の増税、組合の影響力の低下、失業者の増加が問題となっていました。
そうした社会情勢のなか、ポスト・パンクとニューウェーブの狭間でもがく若者たちの叫びが感じられる一枚です。
ホーンやハモンドを多用した彼らのソウル・ダンスを堪能してみてはいかがでしょうか。

ランボー

ランボー [DVD]ランボー [DVD]
(2004/06/25)
シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ 他

商品詳細を見る

『ランボー』(1982・米)です。
続編がただのアクションものになってしまいましたが、一作目はかなり真面目な社会派映画でした。
ベトナム帰還兵が本国でどれだけ苦しんだのか。

『七月四日に生まれて』のような明確なメッセージは前面に出ていませんが、帰還兵が時代の犠牲になったことを本国の人との関わり方で描かれています。
特に保安官の態度が当時のアメリカ国民の態度を示していて、よくわかります。
原題は“First Blood”(最高の実戦兵士)でしたが、邦題で主人公の名に変更されました。
本国アメリカでもその方がヒットする、ということで、二作目以降は原題も“RAMBO”となった珍しいシリーズですが、二作目以降は駄作のレッテルを貼られる出来になりましたw

アクション苦手の人も、反戦映画ですので、これは観ておくべきでしょう。

本の紹介2『オオカミ少女はいなかった』

オオカミ少女はいなかった 心理学の神話をめぐる冒険オオカミ少女はいなかった 心理学の神話をめぐる冒険
(2008/10/03)
鈴木 光太郎

商品詳細を見る
今回は鈴木光太郎『オオカミ少女はいなかった』(新曜社、2008年)です。
まず、第一章では、有名なオオカミに育てられた少女アマラとカマラの話を取り上げ、この話が作り話だったことを明らかにしています。
「オオカミ少女」の話では、ヒトが人になるためには幼児期の環境が決定的な重要性をもつ、ということになっておりますが、この話自体がどうも怪しいのです。二人らしき少女がいたことは事実のようなのですが、原史料にあたってみると、その行動記録には矛盾点が多いことが明らかになります。二人は木に登ったのですが、オオカミは木に登らない、オオカミのように目が暗闇で青白く発光したとされますが、人間の目は生物学的に眼底反射しない、など創作をしたとしか考えられない記述が多すぎるのです。
ところが、資料を真に受けた当時の大物発達心理学者がアメリカに紹介したために、世界中が実話だと信じ込んでしまったという経緯まで明らかになっていきます。

他にも、映画にサブリミナル画像を挿入したらコカコーラの売り上げが倍増したという実験も嘘だという話も挙げられています。この話が虚偽だったことは一時、よく言われたのですが、いまだにビジネス書やセミナーなどで恥ずかしげもなく引用されています。このサブリミナル効果の基になった「実験」なるものも実は行われておらず、「オオカミ少女」よりも悪質なデマといってよいでしょう。ところが、この嘘の実験結果に影響されたのか、日本や米国ではテレビ局がサブリミナル映像を放映することを禁止しています。

こうしたウソ・神話がなぜ当たり前のようにまかり通るのでしょうか。
それは人がなにか特殊な事象を見つけ出したとき、そこに因果関係をもとめるものだからなのです。しかし、その際に緻密な実証を行えば良いのですが、中途半端な実証では答えが見つかりません。そのため、あたかも本当のような答えに結びつくような実験や観察を行うのです。
こうした現象は心理学や社会学に多く認められます。統計結果をさも客観的事実のように持ち出してくる社会学は、ギリギリセーフの詐欺行為と言っても過言ではないでしょう。なぜなら、「統計をとる」場合にすでになんらかのバイアスがかかっているのです。そのことを自覚している研究者は良いのですが、かなり多くの社会学者は統計結果がなんらバイアスのかかっていない、事実だと思いこんでいるのです。
心理学者も同様で、実験には実験者の意志が大きく働いています。

こうした「神話」を次々に打ち破る本書は爽快な書物であり、実証的研究者のみならず、一般の人にもお勧めです。

WAR

WarWar
(1990/06/01)
U2

商品詳細を見る

1983年のU2三枚目のアルバムで彼らの出世作であり、デビュー以来、スティーブ・リリーホワイトがプロデュースしていた初期の傑作です。
母国アイルランドの特殊な事情から、彼らの宗教や闘争へのこだわりは強く、音楽スタイルを変化させながらも常に問題と向き合うバンドです。
一方で、ニューウエーブシーンから出てきたバンドとしては異例の人気を誇っていることも特徴の一つであり、デビュー以来、三十年間も不動の四人で活動しているのは、「奇跡のバンド」と呼ばれて当然でしょう。

一曲目の‘Sunday Bloody Sunday’は北アイルランド紛争で起きた1972年の「血の日曜日事件」を、‘New Year's Day’はポーランドの「連帯」を示しており、彼らのバンド姿勢が強く表れている一枚でもあります。
もちろん、メッセージだけではなく、楽曲の良さは当時としても群を抜いており、彼らの真摯な気持ちがこもった一枚となっていると思います。
特に‘New Year's Day’のやるせなさと疾走感が合わさったボノのボーカルは必聴です。

発売からちょうど30年が経ちましたが、現在でも全く古さを感じさせないのは、流石の一言ですが、それは当時、彼らが訴えたかった問題が未だに解決されていないことの証左ではないでしょうか?
カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ジェット・ブラック

Author:ジェット・ブラック
ECOのことはSNSにて記すことにして、こちらは日常の雑記にしようと思います(120805)
季節のことや行事、社会のことなどとりとめねいことになりますが、たまーに毒を吐くかもw

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
著作権について

C)2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
C)SEGA
このページ内におけるPSUから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社SEGAに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。