スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の紹介5『八月十五日の神話』

八月十五日の神話 終戦記念日のメディア学 ちくま新書 (544)八月十五日の神話 終戦記念日のメディア学 ちくま新書 (544)
(2005/07/06)
佐藤 卓己

商品詳細を見る


今回は佐藤卓己『八月十五日の神話』(ちくま新書、2005年)です。

夏になれば高校野球、ヒロシマ・ナガサキの日とともにやってくる「終戦記念日」。
日本国民は先の大戦の悲惨さや前の政府である大日本帝国の愚行に想いを馳せるわけですが、この八月十五日がなんの日なのかを真剣に考えている日本人はほとんどいないと思われます。

数年前にもここで書きましたが、国民は皆、この日に戦争が終わったと認識していますが、全くの間違いです。

事実として正確には「昭和天皇が無条件降伏を決定して停戦を命令し、そのことを国民に向けてラジオ放送した日」です。

引揚者の給付金に関する法律では8月15日を「終戦日」と呼んでいますが、「終戦記念日」の法的根拠としては1963年の閣議決定による「全国戦没者追悼式実施要項」であり、正式名称「戦没者を追悼し平和を祈念する日」は1982年の閣議決定があるだけで、この日が「終戦記念日」として知られているのは、戦後の政府とメディアの意識的な心情と記憶の操作が行われた結果に過ぎません。

事実、高校教科書では、降伏文書に調印した9月2日を「終戦日」としており、客観的にはそれが正確です。

なぜ、このような事態に陥っているのかを本書は敗戦直前から戦後の日本の独立への道のりと併せて分析しています。
そこには、歴史を政治化していく思惑がみてとられますし、そもそも、日本人が敗戦を直視できるだけの理論的な精神を持ち得ていないことが問題であることが明白になります。

もちろん、国民として8月15日は意味のある日ですが、9月2日の方をより大きく報道し、「終戦(敗戦)の日」として戦争のことを考えるのが、戦後を生きる日本国民として当然のことでしょう。
これでは、日本人の歴史認識を問題にされても文句はいえません。

憲法改正云々を行う前に、「終戦記念日」の問題を片付ける方が先決だと思うんですが・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ジェット・ブラック

Author:ジェット・ブラック
ECOのことはSNSにて記すことにして、こちらは日常の雑記にしようと思います(120805)
季節のことや行事、社会のことなどとりとめねいことになりますが、たまーに毒を吐くかもw

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
著作権について

C)2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
C)SEGA
このページ内におけるPSUから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社SEGAに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。